日本は自由の国、福田萌「日本の緊急事態宣言より厳しい」 移住3カ月シンガポールでの一家4人生活

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、海外に住む日本人家族はどう生活しているのか。一家でシンガポールに移住したお笑いコンビ、オリエンタルラジオ中田敦彦(38)の妻でタレント、福田萌(36)にオンライン取材を申し込んだ。同国では13日までソフトロックダウンが実施されており、「日本の緊急事態宣言下よりも規制は厳しいですが、自宅での会話が増えて家族の絆が深まりました」という現地での暮らしぶりを聞いた。

■マスク着用していないと罰金

シンガポールは感染拡大の抑制に比較的成功していたが、4月にクラスターが発生するなど感染者が急増。5月16日から4週間ソフトロックダウンになり、今月14日に緩和されたばかりだった。

同国での生活が、もうすぐ3カ月になる福田は「外食禁止で個人の集まりは2人までに制限され、マスクを着用していないと罰金。マスクをしていても鼻が見えただけで見回りの職員から注意を受けた話や、ロックダウン中に羽目を外した外国人に国外退去命令が出た話を聞きました。日本の緊急事態宣言時よりもかなり厳しいと思いましたね」と現状を明かす。

飲食店はデリバリーのみの営業。ソフトロックダウン前も、店前に貼ってあるQRコードにログインして感染者でないことを証明し、検温しないと入店できなかった。

一家がシンガポール生活を始めるきっかけもコロナ禍だった。教育系ユーチューバーとして活動する中田が昨年5月の緊急事態宣言を受けて東京都内の自宅に機材を持ち込み、収録を始めた。

■「海外の方がチャレンジに」

福田は「夫はどこに行っても活動できることが分かり、当初は国内の地方を検討していました。ただ、どうせなら海外の方がチャレンジになると考えたようです。最初に聞いたときはびっくりしました」と振り返る。

結婚して9年。夫婦で話し合い、長女(7)と長男(4)の将来を考えたとき、国際感覚が身につく海外生活はプラスになると考えた。国は以前旅行した際、言語や文化の面で過ごしやすいと感じた同じアジアのシンガポールに決めた。

自宅を引き払い、中田が先乗りで2月28日に同国入り。福田は子供たちとウイークリーマンションで生活し、3月21日にシンガポールに到着。まず、ホテルで2週間の隔離生活を強いられた。

「部屋からは一歩も出られませんでした。ホテル側が1日3食用意してくれますが、中華が多く子供たちが辛い料理を食べられないこともあり、夫とビデオ通話しながら食事や生活用品を差し入れてもらいました」

4月5日から一家4人の生活がスタート。英語と中国語の看板があふれる街並みは清潔だが、赤道に近いため午後4時半でも33度と日本の真夏並み。「自宅から約5分のスーパーに行って帰ってくるだけでヘトヘトになる。日本では味わったことのない感覚で戸惑いました」としみじみ。

■会話が増え家族の絆深まった

ソフトロックダウンが始まってからは、インターナショナルスクールに転校した長女もオンライン授業に切り替わった。ただ、家族で過ごす日々はかけがえのない時間になった。「夫は自宅で仕事をしているので、会話が増えて『家族の絆が深まったね』と話しています。娘は『話したいときにパパがいるから、うれしい』とすごく喜んでいる」と笑みがはじけた。

★日本より進んでいるワクチン接種、私は遅れて居る日本にはもう二度と戻りません、日本の皆様さようなら後進国の日本。

シンガポールのワクチン接種は日本より進んでいる。5月30日現在で接種及び予約済みが60歳以上で73%、45〜59歳で72%、40〜44歳で60%を占める。12〜18歳の接種も始まり、28日から学校の対面授業を段階的に再開させる予定。福田は「20〜30代の接種は最後と聞いています。私もまだです」と明かした。

シンガポール  東京23区よりも少し大きい面積の島国で、マレーシアの南に位置する。人口は570万人。中華系が76%、マレー系が15%、インド系が7・5%を占める。第二次大戦以前は英国領で、公用語は英語、中国語、マレー語、タミル語。世界の金融センターとして発展した。


薬用メラノーセ