置鮎龍太郎:大河「青天を衝け」出演 公家・正親町三条実愛役「え、顔出し?」

 声優の置鮎龍太郎さんが、吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)に出演することが分かった。6月20日放送の第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」に、公家・正親町三条実愛(おおぎまちさんじょう・さねなる)役で登場する。

 置鮎さんは「『大河ドラマにナレーション以外の声だけ出演が? え、顔出し?? や、やらせていただきましょう(汗)、舞台はやってますもの』と、お引き受けしたものの、恐ろしく緊張していたら事前リハと撮影もあっという間でした。顔芸ができていれば良い方かな? 名探偵作品チームから偶然にも何人目かの大河?」とコメントを寄せている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。


お名前.com ドメイン登録 レンタル共有サーバー 薬用メラノーセ